トークショーに参加しました!その2|浦安市・江東区・江戸川区・船橋市のインビザライン専門矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 浦安ブライトンビル7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

トークショーに参加しました!その2

投稿日:2018年4月30日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

新浦安駅前矯正歯科の柏です。

 

引き続き、観客の方から質問いただいた回答です。

 

Q.下の前歯一本が出ており1-2年ほど前より気になるようになりました。歯ぎしりもあり、就寝時にマウスピースも着けています。現在30歳ですが、今から歯列矯正をした場合、改善するのでしょうか?

A.歯は毎日少しずつですが必ず動いています。そのため一度ずれ始めた歯並びは今後よりずれてくることが予想されます。もちろん今からでも下の前歯の歯並びは歯列矯正をすれば改善することができます。
就寝時の歯ぎしりに関しては、実は約90%以上の方がしていると言われています。その中でギリギリという歯ぎしり音が出る方が約30%。音が出ない場合は気づかないことが多いですが、歯ぎしりは脳からの指令でストレス解消に役に立っているという研究結果も出ています。
このような理由で歯ぎしりをすること自体は悪いことではないのですが、歯ぎしりをすることで歯へのダメージが大きくなる(歯が削れ過ぎてしまう等)咬み合わせや歯並びの方がいらっしゃいます。このような方には歯を守るうえでも歯列矯正治療を勧めています。

 

千葉・浦安・市川・船橋・東京・江東区・江戸川区で矯正歯科(見えないマウスピース矯正・裏側矯正)をご検討の方は新浦安駅前矯正歯科へご連絡ください。

無料矯正相談、セカンドオピニオンも承っております。

トップへ戻る