子供の八重歯・叢生の矯正治療例|浦安市・江東区・江戸川区・船橋市のインビザライン専門矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 浦安ブライトンビル7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

子供の八重歯・叢生の矯正治療例

子供の八重歯・叢生の症状について

お子様が八重歯や叢生となる原因には、主に以下のようなものが考えられます。

口呼吸の場合、舌が上顎から離れてしまいます。本来は接した舌の形に添って上顎が成長していくのですが、そのように舌が離れていると適切な発育が見込めないのです。口呼吸となる原因には、主として耳鼻科疾患が挙げられます。また日頃からあまり固いものをしっかりと噛んでいなければ顎は発達せず、これも叢生の原因となります。

あるいは乳歯が早く抜け過ぎたり、逆になかなか抜けずに残っていたりといったことが原因で八重歯となってしまうケースもあります。定期検診では、永久歯がどこに生えるかといったところもチェックしてもらうとよいでしょう。

子供の八重歯・叢生の治療期間

年齢の目安:小学校中学年から高学年

子供の受け口のインビザライン矯正治療例と解説

①子供の八重歯・叢生の矯正治療例(15歳男子 治療期間11ヶ月)

子供の八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 15歳男子
治療期間 11ヶ月
抜歯 なし
治療費 70万円
備考 見えない装置(マウスピース矯正)希望

15歳男子です。上下の前歯のがたつきと上の前歯に隙間があることを主訴に来院されました。精密検査を行い、現在の状態を分析した結果、上顎下顎ともに中等度の叢生を伴う症例と診断しました。

部分的にIPRを用いて、右下の一番前にある歯がこれ以上前方に出ないように治療計画を立案しました。患者さまの協力度も非常に良いため、当初の治療予定期間(1年~1.5年)よりも早く治療のゴールに到達することができました。 当院ではマウスピース型矯正装置(インビザライン)のみで治療を完了しています。

浦安市でお子様の八重歯・叢生の矯正治療を検討されている方へ

子供の八重歯・叢生の矯正治療歯科

新浦安駅前矯正歯科では、お子様の八重歯・叢生の矯正治療をインビザライン矯正の専門医が担当致します。他にも、歯並びに対する無料相談の実施やセカンドオピニオンへの対応も致しておりますので、八重歯・叢生の治療をご希望される方は当院までご相談ください。お電話でもメールでも受け付けております。歯がバラバラな方向へ生えていたり重なっていたりすると、虫歯の原因ともなりかねません。早めに治療して整えておくことをお勧め致します。

トップへ戻る