開咬(前歯が開く)の矯正治療例(10代女性 治療期間1年2ヶ月目)|浦安市・江東区・江戸川区・船橋市のインビザライン専門矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 浦安ブライトンビル7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

開咬(前歯が開く)の矯正治療例(10代女性 治療期間1年2ヶ月目)

開咬(前歯が開く)のインビザライン治療例

開咬(前歯が開く)の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 1年2ヶ月目
抜歯 なし
治療費 90万円
備考 マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)

10代女性です。右上の前歯が奥に入ってしまっていて見えないこと、上下の前歯に隙間ができて歯が当あたらないことを主訴に来院されました。精密検査を行い、現在の状態を分析した結果、骨格的な問題が生じていました。下顎前突症のため、下顎の骨切り手術を併用した治療方法を提案しました。

しかし、ご本人と保護者様の強いご希望により、手術を併用せずにマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)で治療することになりました。もちろん手術を併用しなければ、矯正学的に理想的な治療結果は獲得できません。ただ、この患者さまの主訴である右上の前歯が奥に入ってしまっていて見えないこと、上下の前歯に隙間ができて歯が当あたらないことの改善は必ずできることをお約束して歯列矯正治療を開始しました。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)と顎間ゴムを併用することにより、歯列矯正治療を開始後6カ月で上下の前歯を触れさせることができました。現在、歯列矯正治療を開始して1年2カ月目ですが、こちらの患者さまの主訴は改善できとても喜んでいただいています。

トップへ戻る