八重歯・叢生の矯正治療例(30代女性 治療期間11ヶ月目)|浦安市・江東区・江戸川区・船橋市のインビザライン専門矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 浦安ブライトンビル7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

八重歯・叢生の矯正治療例(30代女性 治療期間11ヶ月目)

八重歯・叢生(凸凹歯列)のインビザライン治療例

八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 30代女性
治療期間 11ヶ月目
抜歯 なし
治療費 90万円
備考 嘔吐反射のため型採りが不快

30代女性です。上の歯の真ん中と下の歯の真ん中がずれていることと、右側の前歯の咬み合わせが反対になっていることを主訴にご来院されました。

精密検査を行い、現在の状態を分析した結果、非抜歯での治療計画を立案しました。上顎の真ん中(正中)に対して下顎の正中が右にずれている原因として右下の3番目の犬歯が反対の咬み合わせになっていることが考えられます。まずこの部分を適正な咬み合わせに戻すことから始めました。

その結果、左下の写真のように上顎と下顎の正中が合ってきました。この患者さまは強い嘔吐反射のため、歯列矯正治療開始時に行う、歯型の型採りを行う際にとても苦しい思いをさせてしまいました。治療が進み、2度目の型採りが必要になった際には当院にiTero elementという口腔内3Dスキャナーを導入していましたので、快適に型採りを行うことができとても喜んでいただきました。

トップへ戻る