受け口(反対咬合)の矯正治療例(10代男性 治療期間6ヶ月目)|浦安市・江東区・江戸川区・船橋市のインビザライン専門矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 パシフィックマークス新浦安7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

受け口(反対咬合)の矯正治療例(10代男性 治療期間6ヶ月目)

受け口(反対咬合)のインビザライン矯正治療例

受け口(反対咬合)のインビザライン治療例

年齢・性別 10代男性
治療期間 6ヶ月目
抜歯 なし
治療費 90万円
備考 マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)

10代男性です。前歯の咬み合わせが反対で、受け口であることを主訴に来院されました。精密検査を行い、現在の状態を分析した結果、機能性の反対咬合(受け口)であると診断しました。診断するにあたり、ご家族やご親戚に受け口の方がいないことも診断を行う上で考慮させていただきました。

治療法としては、マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)とエラスティック(顎間ゴム)を使用しました。前歯の受け口は3カ月で改善で改善し、現在治療開始後6カ月を経過しています。

今後は成長を考慮しながら、咬み合わせの微調整を行っていきます。受け口は機能的な場合と骨格的な場合があります。機能的な受け口は、歯列矯正治療のみで治療を完了することが多いですが、骨格的な受け口は顎の手術を併用して治療を行うことがあります。

当院で使用しているマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)のみで受け口の治療が可能な場合も多いですので、ぜひ一度ご相談ください。

トップへ戻る