開咬(前歯が開く)の矯正治療例(20代女性 治療期間9ヶ月目)|浦安市・江東区・江戸川区・船橋市のインビザライン専門矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 浦安ブライトンビル7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

開咬(前歯が開く)の矯正治療例(20代女性 治療期間9ヶ月目)

開咬(前歯が開く)の治療例(20代女性・治療期間9ヶ月目)

開咬(前歯が開く)の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 9ヶ月目
抜歯 なし
治療費 90万円
備考 留学の予定があるため短期歯列矯正希望

20代女性です。前歯が咬みあわないこと(開咬)、前歯が目立ちすぎることを主訴に来院されました。精密検査を行い、現在の状態を分析した結果、非抜歯での治療計画を立案しました。

当院で使用しているマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は、比較的開咬の治療がしやすいと言われています。従来のワイヤー矯正治療(表側・裏側)では、このような患者さまの場合、インプラントアンカーや顎間ゴム(エラスティック)を用いて奥歯をゆっくりと沈めて(圧下して)いく治療することが多いと思われます。治療期間も一般的に2年前後はかかるのではないでしょうか

現在までで歯列矯正治療に要した時間は9カ月、この患者さまに関しては、インプラントアンカーや顎間ゴム(エラスティック)を使用していません。上下にマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)を20時間以上装着していただくだけです。歯列矯正治療終了までに要する時間は全体で12カ月を予定し、留学前までに終了する計画となっています。

トップへ戻る