歯を抜かない矯正(IPR・歯の遠心移動)|浦安市・江東区・江戸川区・船橋市のインビザライン専門矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 浦安ブライトンビル7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

歯を抜かない矯正(IPR・歯の遠心移動)

歯を抜く矯正から、歯を抜かない矯正へ

歯を抜くべきか、抜かないべきか

歯並びの矯正治療といえば、少し前までは歯を抜くことを半ば前提としていたものでした。これは抜歯によって歯を揃えるためのスペースを作ることを目的とするものですが、近時はなるべく元から生えていた歯は抜かずに残すべきという考え方が強くなっています。もちろん、顎の大きさや厚みといった関係から明らかにスペースが足りない場合は抜歯を必要とすることもありますが、可能であれば歯を残すようにするという原則方針を立てることで、様々な治療方法をご提案できます。

矯正治療における歯を整えるためのスペース作り

ディスキング(IPR)

IPRディスキングというのは歯と歯が隣接する部分の歯質を僅かに削る処置で、スペースを作出するために行われるものです。歯のエナメル質は2mm前後の厚みを持ちますが、そのうちの0.2mm~0.5mm程度を削ります。

これによって歯の寿命が減るとか虫歯になりやすくなるとか、そういった問題は生じません。一般に矯正治療で行われる方法ですので、ご心配なく。

奥側への遠心移動

歯の遠心移動歯の遠心移動によってスペースを作出する方法もあります。奥のほうの歯から順番に歯を奥へ奥へと移動させていくことでスペースが空くのです。

マウスピース型の矯正装置によって歯を動かしたり、顎の骨へ埋め込んだインプラントをアンカーとして歯を引っ張って移動させたりといった方法があります。

歯を極力抜かない矯正治療によって機能性を確保

機能性を確保

従来の歯並びの矯正において抜歯が選択されるのは、多くは小臼歯(4番目の歯)でした。しかしこの小臼歯は咬み合わせという機能から考えると重要な役割を持つ歯であり、安易に抜いてしまうと理想的な咬み合わせである「シーケンシャル咬合」の実現が妨げられてしまいます。咬み合わせにとことんこだわる当院では、こうした理由から可能な限り歯を抜かない非抜歯矯正治療を採用しております。

理想的な咬合「シーケンシャル咬合」を念頭に置いた矯正治療

シーケンシャル咬合

理想の咬み合わせというのは、犬歯から順に歯が開いていくような咬合を指し、これをシーケンシャル咬合といいます。矯正のために小臼歯を抜歯してしまうと、この開閉のバランスが上手く行かなくなりかねないので、当院ではなるべく抜歯を避けるように手をつくしています。

※他の歯科医院で抜歯を勧められた方でも、歯を抜かずに済む道は残されているかも知れません。ぜひセカンドオピニオンをご利用ください。

非抜歯矯正の治療例(Before&After)と解説

準備中です

浦安市にて歯を抜かずに矯正治療をしたい方は無料相談へ

歯を抜かずに矯正治療歯科

新浦安駅前矯正歯科ではインビザライン矯正の専門医が極力抜歯をせずに矯正治療を行います。歯並びに関する無料相談や他院からのセカンドオピニオンも実施しておりますので、浦安市にて抜歯を要しない歯科矯正をご希望される方は、ぜひ当院までご相談ください。電話でもメールでも受け付けております。機能性と審美性を兼ね備えた歯並びをご提供致します。

トップへ戻る