歯列矯正治療の対象年齢についてです!|浦安市・江東区・江戸川区・船橋市のインビザライン専門矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 パシフィックマークス新浦安7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

歯列矯正治療の対象年齢についてです!

投稿日:2017年12月21日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

インビザラインドクターの柏です。

 

新浦安駅前矯正歯科では、

インビザライン、EFライン(見えないマウスピース矯正)を用いて矯正治療を行っています。

 

患者様からいただく質問として、

「歯列矯正治療は何歳から始められるの?」

「歯列矯正は何歳までできるの?」

といったものが多くあります。

 

まず

「歯列矯正治療は何歳から始められるの?」

からお答えします。

 

歯列矯正治療は、

1期治療と第2期治療に分類されます。

1期治療は6歳頃から開始する場合が多く、将来永久歯がきれいに生えそろうように、顎の発育を適切な成長へと導く治療を行ないます。

成長の過程を観察しながらの、ゆっくりとした歯列矯正治療となります。

永久歯への生え変わり時期に始める歯列矯正治療は、

非抜歯矯正治療が可能となる確率が高くなるため有効であると考える矯正歯科医もいます。

 

2期治療では永久歯の歯並びや噛み合わせを整える治療を行ないます。

永久歯が生えてくるのにあわせて、歯並びが悪くなる場合が多いため、

一般的にこの時期に治療を始める患者様が多いです。

年齢としては個人差が大きいですが、10歳から12歳が多いと考えます。

 

次に

「歯列矯正は何歳までできるの?」

の質問にお答えします。

 

実は歯列矯正治療には年齢制限はありません。

このようにお答えすると驚かれる患者様が多いです。

私の経験上ですが、歯列矯正治療は子供や若い世代のする治療と考えていらっしゃる患者様が大多数です。

もちろん、歳を重ねるごとに歯周病のリスクが高くなったり、歯の本数が少なくなる傾向にあることは事実です。

大切なことは、歯列矯正治療を開始するにあたり歯周組織(歯茎)の状態を精査することや、

矯正治療後の未来を予測しながら、

患者様に歯列矯正治療を選択することが適切であるかも含めて総合的に診査・診断し、

治療計画を作り上げることです。

 

数年前までは、矯正治療といえばワイヤー(針金)を用いたものしかありませんでした。

当院に矯正治療のご相談にいらっしゃる患者様は、

みずからインビザライン(見えないマウスピース矯正)を選択して矯正治療を開始する方がほとんどです。

もちろんワイヤーを用いた矯正でも歯並びは治りますが、現在はもう一つ選択肢が増えました。

 

千葉・浦安・船橋・市川・江東区で矯正歯科(見えないマウスピース矯正・裏側矯正)をご検討の方は

新浦安駅前矯正歯科へご連絡ください。

無料矯正相談、セカンドオピニオンも承っております。

トップへ戻る