ママともぷらすに掲載されました!その2|浦安市・江東区・江戸川区・船橋市のインビザライン専門矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 浦安ブライトンビル7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

ママともぷらすに掲載されました!その2

投稿日:2018年3月7日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

新浦安駅前矯正歯科の柏です。

 ママともぷらすに掲載していただいた記事の続きです。

 

前歯が噛み合わないのですが矯正したほうがいいでしょうか?

乳歯なので矯正したほうがいいのか悩んでいます。

 

まず噛み合わせが悪くなる原因からご説明します。

大きく分けて2つの原因があります。

1つ目は歯が並ぶためのスペースが無いこと、つまり歯に比べて顎の大きさが小さい場合です。これにより本来、歯が並ぶべき位置から外れてしまいます。

2つ目は歯が生えてくるときの障害があること、つまり習癖(指しゃぶりや舌突出癖)や既に抜けているべき乳歯が残っていることで、適切でない位置から永久歯が生えることにより起こります。

前歯が噛み合わない具体例としては、受け口(下の前歯が上の前歯より前にある状態)、

出っ歯(上の前歯が下の前歯より前にある状態)、開咬(上の前歯と下の前歯があたらない状態)等があります。

 

矯正治療を開始するタイミングですが、私は乳歯が残った状態での矯正治療は有意義だと考えています。

特に受け口の場合や、数本の歯が反対の噛み合わせになっている場合は早期(5、6歳~)に矯正治療を開始することがあります。

通常は、全体的に永久歯に生え変わる時期(89歳~)から矯正治療を開始することが多いです。

ただし、これはあくまで私の個人的な意見ですので歯科医師により考え方が異なることをご了承ください。

少しでも歯並びや噛み合わせで気になることや疑問点がありましたらお近くの矯正専門医に一度相談することをお勧めいたします。

 

千葉・浦安・市川・東京・江東区・江戸川区で矯正歯科(見えないマウスピース矯正・裏側矯正)をご検討の方は新浦安駅前矯正歯科へご連絡ください。

無料矯正相談、セカンドオピニオンも承っております。

トップへ戻る