日本歯科新聞社様に取材していただきました!|浦安市・江東区・江戸川区・船橋市のインビザライン専門矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 パシフィックマークス新浦安7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

日本歯科新聞社様に取材していただきました!

投稿日:2018年8月11日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

マウスピース矯正(インビザライン)とホワイトニングの専門医院、

新浦安駅前矯正歯科の柏です。

 

先日、日本歯科新聞社様に取材していただきました。

取材内容は開業に至った経緯や診療内容、ミスユニバースでの活動、今後の展開についてです。

 

私たちのクリニックの特徴としましては、

歯列矯正治療とホワイトニングに特化していることにつきます。

さらに、歯列矯正治療ではこれまでのブラケット装置(ワイヤー)は極力使用せずに、

厚さ0.75㎜の半透明マウスピース型の矯正装置(インビザライン)を用いて、歯並び・咬み合わせを治療していきます。

よく患者さまから、「マウスピース矯正(インビザライン)では治らないと言われた。」

「マウスピース矯正(インビザライン)では中途半端にしか並ばない。」ので矯正治療を諦めていた。

との声を多くいただきます。

 

でもよく考えてみてください。

表側のワイヤー矯正も裏側のワイヤー矯正もマウスピース矯正(インビザライン)も、

全て矯正装置の一つに過ぎません。

そのため、どの装置を使用したから治療できる、できないではなく、

それらの装置をうまく駆使しながら、そのドクターが設定した治療のゴールに到達することが重要だと考えています。

私たちのクリニックではマウスピース矯正(インビザライン)に特化して歯列矯正治療を行っておりますが、患者さまのライフスタイルを考慮してマウスピース矯正(インビザライン)よりワイヤー矯正の方が良いのではと判断した場合、ワイヤー矯正が得意な先生にご紹介することもあります。

 

一番大切なことは、その患者様が理想の歯並びを手に入れることができればそれが一番だからです。

私たちの新浦安駅前矯正歯科では、マウスピース矯正(インビザライン)での歯列矯正治療を得意としています。

なので、ワイヤー矯正では一歩踏み出せない方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽に相談しにいらしてください。

 

矯正治療の話題だけで長くなってしまいましたので、

ホワイトニングはまた次回以降に書きますね。

千葉・浦安・市川・船橋・東京・江東区・江戸川区で矯正歯科(見えないマウスピース矯正・裏側矯正)をご検討の方は新浦安駅前矯正歯科へご連絡ください。

無料矯正相談、セカンドオピニオンも承っております。

トップへ戻る