八重歯・叢生の矯正治療例(30代女性 治療期間1年8ヶ月)|千葉県浦安市の新浦安駅前矯正歯科

実績500症例以上のインビザライン専門医

マウスピース矯正

千葉県浦安市美浜1-9-2 浦安ブライトンビル7F
浦安市/江東区/江戸川区/船橋市/市川市からも通いやすい

お問い合わせ・ご相談

047-316-2806

日本矯正歯科学会所属 / 日本成人矯正歯科学会理事

千葉県インビザライン研究会 設立メンバー

八重歯・叢生の矯正治療例(30代女性 治療期間1年8ヶ月)

八重歯・叢生(凸凹歯列)のインビザライン治療例

八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 30代女性
治療期間 1年8ヶ月
抜歯 なし
治療費 70万円~(精密検査代別途)
備考 マウスピース矯正(インビザライン)

治療概要

右側前歯の咬み合わせが逆であること、上下の正中線のズレを主訴に来院されました。精密検査を行い、右側犬歯のクロスバイト(反対咬合)が原因の、叢生を伴う下顎の右側偏位症例と診断しました。まず右側犬歯のクロスバイト(反対咬合)を改善したところ、約1年で上顎と下顎の正中が一致しました。その後は、咬み合わせを微調整して矯正治療終了となりました。

こちらの患者様はマウスピース型矯正装置(インビザライン)のみで治療を完了しています。

施術の説明

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を用いての歯並び、咬み合わせの改善

施術の副作用(リスク)

疼痛、咬合時痛、知覚過敏、 歯根吸収、歯肉退縮が生じる可能性があります。

トップへ戻る